ビッグホーンには、italvolantiの太めのハンドルを付けています。

これジムニーJB23W→スイスポHT81S→ビッグホーンUBS26GWともう15年ほど使っているので

皮がボロボロになって修復も1回しましたがもう限界です。

FUJIFILM X-T1 (15mm, f/4, 1/42 sec, ISO3200)

実は、数ヶ月前にitalvolanti(イタルボランテ) IMOLA Rを捨て値で購入したのですが仕事場に置きっぱなし。

いつかは、修理しようと思いつつ現在に至ります。

ハンドル握る部分は、まだまだ大丈夫なのですが...

FUJIFILM X-T1 (28.8mm, f/4.5, 1/25 sec, ISO3200)

 

アルミとのつなぎ目が剥がれております。

 

FUJIFILM X-T1 (28.8mm, f/4.5, 1/18 sec, ISO3200)

これくらいなら接着剤で治るので本日は、ハンドル修理。

FUJIFILM X-T1 (28.8mm, f/4.5, 1/70 sec, ISO3200)

皮と金属が付けばなんでも良いのですが色々使えるセメダインスーパーXを買ってきました。

ついでにこの押さえる道具?(なんて言うか忘れました。)価格は、598円です。

FUJIFILM X-T1 (26.4mm, f/4.4, 1/14 sec, ISO3200)

接着剤を塗って押さえるだけの簡単作業。

 

次は、文字の塗装はげも何とかしたいからペンキ塗ってパーツクリーナーで拭き取ります。

 

あと黒い皮用クリーム塗って拭き取り出来上がり。

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です