現代物の鉄鍔を手に入れました。

NIKON D5 (60mm, f/16, 1/200 sec, ISO200)

先日、摸造刀の拵え流用にて悪代官(妻が言っていた。)の拵えだったのですが、どう考えても合金に金メッキ鍔がいかにも摸造刀です。

って感じでして...

NIKON D5 (60mm, f/16, 1/200 sec, ISO200)

何か趣味の悪い現代の鉄鍔が安かったので購入してみた。

ブラック塗装に金のペイントマーカーか何かで模様が付いています。

鉄鍔の安物(現代)は、鉄板からレーザーカットされた物が多いがコレは、砂型で作られた鋳造だったのでラッキーでした。

 

NIKON D5 (60mm, f/16, 1/200 sec, ISO200)

購入理由は、鍔の分厚さ5mmと言う理由です。

ほとんどの安い鉄鍔は、分厚さ4mmなので5mmは、希少。

 

 

仕事から帰宅してちょっと作業をしました。

 

NIKON 1 J3 (10mm, f/3.5, 1/15 sec, ISO3200)

なかごが太くて入りませんからゴリゴリ、やすりで削ります。

ここで削りすぎると鍔が遊んでしまうので何度も合わせては、削りの繰り返し。

 

NIKON 1 J3 (10mm, f/3.5, 1/10 sec, ISO3200)

その後、ワイヤーブラシで変な塗装を削り取ります。

 

 

NIKON 1 J3 (10mm, f/3.5, 1/8 sec, ISO3200)

その次は、黒錆を付ける為にブリーイング処理。

ボチャっと漬けて15分ほど。

 

NIKON 1 J3 (10mm, f/3.5, 1/4 sec, ISO3200)

その後、水道水で洗い水分を飛ばすためにコンロの上!

このコンロは、犬の缶詰用なので隣で待っているヤツ居ますが作業済むまでおあずけ!

 

 

NIKON D5 (60mm, f/18, 1/200 sec, ISO200)

やはり鉄鍔は、黒錆処理が良い。

夜間作業だったので塗装が完璧に取れていません。(^_^;)

 

 

NIKON D5 (60mm, f/18, 1/200 sec, ISO200)

悪代官のど派手な合金鍔から浪人って感じのシックな鉄鍔に交換します。

 

NIKON D5 (60mm, f/16, 1/200 sec, ISO200)

NIKON D5 (60mm, f/18, 1/200 sec, ISO200)

ちょっと大人しい感じの鍔です。

 

 

NIKON D5 (60mm, f/16, 1/200 sec, ISO200)

 

鍔1枚でこんなに雰囲気が変わるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です