錆びた脇差しを購入したので銃砲刀登録証(鳥取県)の所有者変更をいたします。

新型コロナウイルスの影響で外国人が来ない為なのか安い中古日本刀の価値が下がっているような気がします。

貧乏パパでも程度の悪い日本刀ならお小遣いで購入できます。

 

NIKON Df (65mm, f/10, 1/125 sec, ISO400)

今回は、ものすごく錆びている日本刀(脇差し)を購入しました。

 

日本刀を相続や譲り受けた(買った)場合、20日以内に銃砲刀登録証の名義変更をしなければなりません。

 

令和2年6月に登録されたって最近ですね。

鳥取県が銃砲刀登録証を発行していますので鳥取県教育委員会に申請します。

 

鳥取県 地域づくり推進部 文化財局 文化財課HPに必要書類(所有者変更届出書)がPDFでダウンロード可能で詳しく記載されています。

鳥取県の場合、かなりわかりやすくHPで記載されているので助かりますね。

https://www.pref.tottori.lg.jp/82429.htm

 

所有者変更届出書に必要事項を記載して銃砲刀登録証のコピーを同封して送ります。

鳥取県の場合は、教育委員会で無く

〒680-8570
鳥取市東町1丁目220
鳥取県地域づくり推進部
文化財局文化財課

まで送ります。

 

各都道府県で微妙に書類が違いますので銃砲刀登録証に記載している都道府県のHPにてお調べ下さい。

 

これだけ錆び錆びのボロボロなので当分楽しめそうです。

さて素人が何処まで出来るか?

 

 

実は、この脇差しと一緒に刀も購入したんです。

そちらの記事は、次回紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です