最近、トルクレンチが面白くて填まっています。

先日、中古激安購入した東日(TOHNICHI) 1800QL3ですがメモリがkgf・cmです。

N・mに変換しないと行けないのですが使えない事は、無い感じで

 

でも校正出来ているのか?

素人整備ですからメーカーに出して校正するほどのお金かけたくないしで思いついたのがコレ!

 

NIKON D5 (60mm, f/13, 1/125 sec, ISO160)

トネ(TONE) ハンディデジトルク H4DT200 差込角12.7mm(1/2″) ブラック 200N・m

1/2ソケットとラチェットの間に入れてデジタルで締め付ける力を測るデジタルトルクメーター。

 

NIKON D5 (60mm, f/11, 1/125 sec, ISO160)

校正証明書付きの新品なので誤差±3%の範囲のはずです。

 

NIKON D5 (60mm, f/11, 1/125 sec, ISO160)

電源は、単4電池2本(別売り)

 

NIKON D5 (60mm, f/14, 1/125 sec, ISO160)

TONEは、日本の工具メーカーです。

それほど高価なメーカーで無いですが私も独身時代は、よくお世話になりました。

ちなみにこのH4DT200は、1/2″(127mm)ソケットに対応して20-200N・mまで計れます。

あと、H3DT135(3/8″)10-200N・m / H6DT600(3/4″)120-600N・mなどラインナップされています。

NIKON D5 (60mm, f/11, 1/125 sec, ISO160)

1/2ロングラチェットが有ればホイールナットの締め付けを計るトルクレンチにもなるのですが私は、今回東西(TOHNICHI) 1800QL3が校正出来ているのかTONE H4DT200で調べる事にしました。

 

コレをヤル前に誰かしていないのか調べましたがこんなアホな事やっているヤツは、見つかりませんでした。(^_^;)

 

NIKON D5 (60mm, f/7.1, 1/60 sec, ISO160)

では、昼休みが来たので自分の車で試してみます。

 

BMW 130i(12mmラグボルト)は、130N・mで締め付けるのでTONE H4DT200130N・mで設定。

 

NIKON D5 (60mm, f/7.1, 1/30 sec, ISO160)

東西(TOHNICHI) 1800QL3は、kgf・cm2表示なので130N・m=1325.63kgf・cm2

となります。1320kgf・cm2で設定しました。

 

結果は、117.4N・mでしたのでだいぶ低い数値。

 

では、反対にTONE H4DT200の表示を見ながら130N・mになるまで東日(TOHNICHI) 1800QL3のダイヤル設定を締めてみました。

 

NIKON D5 (60mm, f/7.1, 1/30 sec, ISO160)

1400kgf・cm2で130N・m近くになる事が判明。

正しい数値は、1400kgf・cm2=137.29N・m

つまりこのトルクレンチは、正しく校正出来ていないと言う事ですが1400kgf・cm2

に設定すれば130N・mで閉められる事がわかりました。

 

動画も撮りました。

 

 

一つ言える事は、トルクレンチのメモリ...N・mが使いやすい~~!(*_*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です