SONY ZOOMEYE VCL-FS2K デジスコしてみた。

SONY ZOOMEYE VCL-FS2Kを購入してNikon1 J5でデジスコテストしましたが

本日は、パパのスマホiPhone7PLUSでデジスコしてみようと思います。

 

NIKON D5 (60mm, f/14, 1/125 sec, ISO200)

SOLOMARK ユニバーサル携帯電話アダプターマウント

 

 

amazonで売っていた1000円もしないフィールドスコープ用のスマホアダプターです。

接眼レンズに取り付ける所は、アルミ製で価格の割にビックリです。

スマホ取り付け部分は、樹脂製でした。

 

NIKON D5 (60mm, f/14, 1/125 sec, ISO200)

今まで見送っていた理由がTubro Adapter 20XWFAの外径が大きすぎて付けられません。

しかし、SONY ZOOMEYE VCL-FS2Kに標準のアイピースなら取り付けられると思い購入。

仕事の昼休みに例のごとく試し撮りしました。

SOLOMARK ユニバーサル携帯電話アダプターマウントは、初期設定が難しい。

センターに合わせてちゃんとピンが合うようにフィールドスコープのピント合わせが必要です。

スマホと接眼レンズの微妙な距離を取らないと行けません。

 

Apple iPhone 7 Plus (3.99mm, f/1.8, 1/2227 sec, ISO20)

iPhone7PLUSは外観大きいので1倍では、センターに来ませんからこんな感じ。

 

Apple iPhone 7 Plus (3.99mm, f/1.8, 1/2660 sec, ISO20)

しかし1.5倍からケラレが消え始めます。

 

Apple iPhone 7 Plus (3.99mm, f/1.8, 1/2336 sec, ISO20)

2倍になると完全実用可能

ところでiPhoneの2倍って何ミリ?

20倍接眼レンズ付けていますがこの画角は、1500mm 位かかと思います。

CMOS小さいので奥行き無いですがこの画像ちょっとスゴいかもしれません。

 

Apple iPhone 7 Plus (3.99mm, f/1.8, 1/2179 sec, ISO20)

2.5倍が一番美味しい感じ。

計算しておりませんが2000mmは、超えていると思います。

コレを今最新のiPhone12で撮ればどうなるのか?

 

Apple iPhone 7 Plus (3.99mm, f/1.8, 1/2336 sec, ISO20)

3倍になるとノイズが目立ち始めました。

 

Apple iPhone 7 Plus (3.99mm, f/1.8, 1/2227 sec, ISO20)

さらにiPhoneを望遠するとノイズだらけで見られません。

 

CMOSが小さいほど有利なデジスコは、やはりカメラよりスマホの方が良いのか?

手軽に超望遠を楽しめる時代ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。