お隣さんの池ポンプ修理してみる。その1の続きです。

ベアリングNMB 626Z(NMB626ZZ)が届きました。
1個100円ちょっとの代物です。

モーターに組み込みます。
特殊工具など使わなくて装着可能でした。

問題は、モーターをインペラーをジョイントしている所です。

1~2cmほどの隙間でジョイントするピンを入れないと行けません。

入りました。

このようなピン車では、再利用したら駄目な部品ですが池ポンプですから再利用しました。

後は、元に戻すだけ。

問題なく直りました!
たった200円ちょっとの修理代。

color=”#ff0000″ size=”6″>
これでこのウォータークリーナーまだまら池で働いてくれそうです。
確かもう1個お隣さんの倉庫で動かない物有ったな~。
それも暇が有れば見てみましょうか。

Nikon1 J5
1NIKKOR 10-30mm PD-ZOOM








「お隣さんの池ポンプ修理してみる。その2」に6件のフィードバックがあります

  1. SECRET: 0
    PASS:
    お疲れ様でした☺️
    ウォータークリーナーは普通のポンプとは違い空運転でも焼き付かないんですよね👌

  2. SECRET: 0
    PASS:
    ポンプさん>
    その通りです。
    浴槽換気扇と同じ構造でした。

    あとマグネットポンプもこの要領で直るかもしれませんね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    今、自力で修理しようと思い、ここにたどり着きました。
    ベアリングをはずす時、入れる時は、どうやったのですか?
    特殊工具など使わなくて装着可能とありますが。。。
    素人考えだと思いつきません。
    特にはずすのは難しいと思うのですが。。。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    maneki_nekoさん>
    軸の鏥を落としてCRC付けて一晩1日置いて最初は、小さなスパナを入れハンマーでスパナを叩きます。
    叩く時、反対側の軸が傷付かないように木材の上で作業して下さい。
    スパナが2本入るようになればテコの原理で簡単に抜けました。
    新しいベアリングは、素手で入ったと記憶しております。
    頑張って下さい。

  5. SECRET: 0
    PASS:
    > どらやきパパさん
    ありがとうございます。本当に助かります。週末に試してみようと思います。

  6. SECRET: 0
    PASS:
    maneki_nekoさん>
    ネジ類には、前もってCRC付けていたほうが良いかと思います。
    あとネジなめそうなのでインパクトが有れば楽です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です