数日前からマンリョウ?(赤い実がなる4mほどの木)にレンジャックが来るんです。

山の中ならともかく市街地ですよ~。

それも住宅街の狭い庭。

 

最近、めっきり野鳥撮影に出ていないので撮りたくなって仕事場にゴーヨンと三脚を持って出勤。

室内から狙える所なので無謀にも仕事の商品撮影で使っているフルサイズ機(Nikon D5)で挑んで見ました。

 

NIKON Df (50mm, f/3.5, 1/60 sec, ISO1000)

昼休みに室内には、カモフラージュネットなんか設置。←端から見たら変人です。

この変人ぶり従業員は、知っているからOK?(^_^;)

 

 

3時半頃、外の喫煙所にて休憩中、レンジャック1羽だけ来ましたので速攻で例の部屋に。←仕事してないサボリーマン!

 

NIKON D5 (500mm, f/7.1, 1/320 sec, ISO640)

レンジャック捕らえました。

 

NIKON D5 (500mm, f/7.1, 1/160 sec, ISO320)
NIKON D5 (500mm, f/5, 1/500 sec, ISO640)

 

 

NIKON D5 (500mm, f/7.1, 1/250 sec, ISO640)

しかし、D5の大きな連射音でこっち見ています。

警戒して身も食べません。

どうやら電気を消している部屋の中+カモフラージュネットで人が居る事がわからないみたいです。

 

 

ちょっと、こちらも動かずシャッター押さないで様子見。

 

NIKON D5 (500mm, f/6.3, 1/250 sec, ISO800)

レンジャックが良い所に止まってくれました。

ファインダーに大きく入ればさすがFXフォーマット(フルサイズ)の奥行き。

山の中では、DX機のD500でもこの距離絶対あり得ません。

 

NIKON D5 (500mm, f/6.3, 1/200 sec, ISO800)

FX1.2クロップでさらに大きく撮って見た。

 

 

NIKON D5 (500mm, f/8, 1/125 sec, ISO800)

 

NIKON D5 (500mm, f/6.3, 1/200 sec, ISO800)

やはり連射音に警戒しています。

 

すべてJpeg撮って出しノートリミング(リサイズのみ)ですが、

ちょっとズルい撮り方の野鳥撮影でした。(^O^)

 

数ヶ月ぶりに野鳥撮影が出来てストレス少し解消しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です