東日(TOHNICHI) 1800QL3 分解してみた。

東日(TOHNICHI)1800QL3を激安購入して使えるようにしたのですが

人間、物欲ってなかなか押さえられません。

プレセットトルクレンチって使った後に内部のバネに負担をかけないように収納が鉄則なので最小数値まで『カリカリカリカリカリ...』と言う儀式が面倒です。

そんな儀式の無いデジタルトルクレンチが欲しい。

トネ(TONE) ハンディデジトルク H4DT200 東日の古いトルクレンチの値を検証kgf・cmとN・m

TONE ハンディーデジトルク H4DT200を購入してみました。

コイツにSnap-onの1/2ロングラチェットでもと思ったが1/2は、持っていないのでラチェット以外にソケットもSnap-onで揃えたくなったらこれまた大変!(^_^;)

 

本音は、Snap-onのデジタルトルクレンチ欲しい~。

さすがに正規新品購入は、貧乏パパなので無理ですわ。(-_-;)

この際、素人なのでSnap-on正規校正サービス受けられないが中古Snap-onデジタルトルクレンチでも良いかな。

Snap-onの工具を購入する場合、中古や平行物は、保証が無いものだと理解して購入しないとアカンのです。

 

 

写真、ヤフオク出品者撮影

ヤフオクで型遅れ(Snap-on TECH2FR100)中古美品の即決付きを発見。

Snap-on TECH2FR100と言う品番なので100N・mまでだと思っていたら100ft-lbsと言う事でニュートンメーターだと135N・mまで計れる事が判明したのでトルク測定範囲は、OK!

さらに3/8ソケットを使用するのでホイール以外にエンジンヘッド分解とかでも手持ちの3/8ソケットで使えます。

悩んでいたらトルクは、音だけでなくバイブでも知らせてくれるらしい。バイブが有るのならプレセットトルクレンチみたいに直感的に使えるのでは?

 

新品KTCデジタルトルクレンチを買ってもおつりが来るほど高かったですが一番好きな工具メーカーなのでポチしてしまいました。

その後、やってもうた~!

と言う罪悪感も有りますが商品到着を楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です