RECARO SR-7 KK100 DIY修理 その1 分解

BRIDE EUROⅡ 軟質発泡ウレタン ソフトで修理してみた。その3 ブリッド ユーロ2

上の記事の続きです。

セミバケットシートRECARO SR-7 KK100 DIYを軟質ウレタンで修復しました。

次は、汚くなったセミバケットシートを綺麗にします。

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2, 1/30 sec, ISO200)

布製品汚れ取りの匠 150Extra

amazonで売られていたソファーや絨毯用の協力クリーナーを買ってみました。

 

 

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2, 1/30 sec, ISO640)

MTミッション車なので左の腰サポートがミッションチェンジの度に左腕がこすれて黒ずんでしまいブラックのシートなら目立ちませんがレッドのシートは、これだけ黒ずみが目立ちます。

布製品汚れ取りの匠 150Extraを吹きつけ雑巾でゴシゴシ!

その後、濡れた雑巾でゴシゴシした後に乾いた雑巾でゴシゴシ!

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2, 1/30 sec, ISO500)

『なんて事なんでしょう~。諦めていたあの汚れがこんなに綺麗になりました~。』

思った以上に汚れ落ちました。

 

この調子で全面を綺麗にします。

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2, 1/30 sec, ISO320)

当たり前ですがタバコの穴は、綺麗になりません。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2, 1/30 sec, ISO250)

黒ずんでいる所は、まだ濡れているからです。

全体的に綺麗になったので50歳のオッサンは、数時間しゃがんでの作業で腰が痛いですがこのまま取り付けまで行きましょう。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2, 1/30 sec, ISO640)

今まで仮で付けていたBRIDE EUROⅡを外します。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO160)

BMW 130iにRECARO SR-7 KK100にシートレールを取り付けます。

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO160)

作業中、3回転ほど回して締め込みに違和感が有ったのでボルトを取りました。

違うボルトを入れても同じようにスムーズに入らなかったので取り付け作業中断。

以前、KONIGのセミバケで同じような事が有り無理矢理ボルトを入れたらセミバケに溶接されたボルトが取れた事が有るんです。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO640)

M8でなので自宅に有ったタップでボルト穴を整形します。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO1000)

ボルトもスムーズに入り無事、シートレール装着完了。

 

RECARO(レカロ)セミバケットシートSR-7 KK100 取り付け! フロントオフセットBMW E87 130i

このシートレールは、身長156cmの妻がクラッチ踏めるように以前フロントオフセット加工をしています。

 

シート入れて...カステラボロボロを掃除するの忘れていました。

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2.2, 1/30 sec, ISO4000)

シートを後ろにして何とか、掃除完了。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2.2, 1/25 sec, ISO6400)

装着してシートベルトやエアバック警告灯が点灯しない事を確認して終了

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2.2, 1/25 sec, ISO6400)

新品同様とは、行きませんがかなり綺麗になったRECARO SR-7 KK100です。

縫った所がまた破けそうなので腰サポートの部分だけ市販されているカバー付けた方が良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です