以前、何度かドアミラーの角度が変になり荒技で直しておりました。

ドアミラーの角度が変なのでDIYで直す。BMW 130i E87

最近、同じ方法で直しても駐車中にまた変な角度になります。

 

ジムニー納車待ちまで1年、20万キロ超えた130iは、たぶん値段も付かないのでお金出しての修理は、辞めておきます。

 

 

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/250 sec, ISO2500)

左ドアミラーが変な角度なんですが正確に言うとドアミラー全体が3~5mmほど開き気味で止まっているのでミラー調整でいっぱいに手前にしないと見えない状況です。

私のシートポジションなら何とか見えるが妻のシートポジション(一番前)だとドアミラーが正常な位置で見えません。

巻き込み事故を起こさないように何とかしてみます。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO640)

ネジをもんでも良いのですが今回は、グルーガンで固定してみます。

まず、角度を正常な位置にする為の儀式。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO400)

ドアミラー畳んで

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO320)

手でココまで曲げてドアミラー収納スイッチを押すと『バキッ!』と音をたてて

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/250 sec, ISO2500)

正常な角度になりました。

このままキーを抜いて駐車しているとなぜかまた変な角度になるので

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/100 sec, ISO1600)

見えない下側にグルーガンを流して固定。

2日は、大丈夫でしたがやはり駐車中に角度が変わりました。(*_*)

何らかのバグで収納モーターが誤作動して角度が変わる感じです。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/20 sec, ISO1250)

ドアミラーをバラして見ます。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/20 sec, ISO800)

爪にマイナスドライバー入れてかばーを外します。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO500)

ドアミラー収納モーターに行っている配線は、黄色と白だと思います。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/125 sec, ISO3200)

ドアミラー閉めた状態でこの位置までドアミラーを曲げます。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/30 sec, ISO640)

そしてもう一度収納ボタンを押したら『バキ!』と音がして正常位置になりました。

 

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/25 sec, ISO800)

黄色の配線を切って収納ボタンを押してみると動きません。

ミラー調整、バック連動で下を向く機能は、OK!

 

切った配線は、絶縁しておきます。

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/15 sec, ISO800)

これで動かないはず。

私は、ドアミラーを畳まないので別に良いと言う感じ。

 

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/160 sec, ISO2500)

カバーを付けて収納出来ませんがもう動かないと思います。

コレで妻が乗ってもミラー見えるはず。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。