http://dorayaki.me/2019/12/12/alpin-ida-x001%e3%80%80%e4%b8%ad%e5%8f%a4%e8%b3%bc%e5%85%a5%ef%bc%81%e3%80%80ipod%e3%81%8c%e4%bd%bf%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bd%9e%ef%bc%81o%e3%80%80%e3%83%93%e3%83%83%e3%82%b0%e3%83%9b%e3%83%bc/

本日の休日は、パパの自由時間が有るのでビッグホーンをいじります。

FUJIFILM X-T1 (27.1mm, f/7.1, 1/15 sec, ISO400)

カーステ交換ついでにARB カーリングボード スイッチを取り付けたいと思います。

amazonで売っていた激安のARBコピー? カーリングボード スイッチです。

中国から発送だったので注文したのを忘れていたしまった頃に届きます。(1週間位です。)

その後、仕事が忙しくてなかなか取付る暇が無くて数ヶ月...やっと本日取り付ける気になりました。

 

FUJIFILM X-T1 (27.1mm, f/7.1, 1/20 sec, ISO400)

5本端子なのでちょっと調べないとわからないので色々調べたが資料が無い!

やっと海外サイトで見つけた情報を元に取り付けします。

FUJIFILM X-T1 (15mm, f/3.5, 1/10 sec, ISO800)

カーオーディオ交換と同時進行なのでイルミ端子+は、カーオーディオのイルミ端子から取ります。

カーリングボードスイッチは、やはりココでしょう~!

でもポン付け出来ないので少し穴を拡大しないと行けません。

 

平キボシのメスの在庫が少ないのでハンダ付けで対応しております。

この配線でイルミ連動とスイッチONで光る仕様です。

 

 

FUJIFILM X-T1 (15mm, f/3.5, 1/10 sec, ISO800)

裏側は、こんな感じ。

ライト関係は、消し忘れを考えてオーディオ

FUJIFILM X-T1 (35.3mm, f/5, 1/10 sec, ISO800)

出来上がりがこんな感じで思ったより格好いい~!

写真の状況は、イルミ点灯時で下側が青く光ります。

[itemlink post_id=”38220″]

[itemlink post_id=”38224″]

[itemlink post_id=”38222″]

 

 

FUJIFILM X-T1 (45mm, f/5.6, 1/8 sec, ISO800)

スイッチをONにするとこのように上側も青く光りONだと言う事が一目でわかります。

元々、フォグは、マイナスコントロールにしていたのでプラスコントロールに変更するのが手こずりました。

プラスコントロールでないとこのように光らす事が出来ないんです。

FUJIFILM X-T1 (15mm, f/3.5, 1/90 sec, ISO1600)

これでフォグは、OK!(^o^)

次は、バックフォグです。

バックランプ連動で常にバックギアに入れると点灯するバックランプですがこれでは、車検通りません!

基本、バックランプは、2灯までなのでバックフォグが点灯すると3灯となってしまいます。

車検時は、キボシ抜こうと思っていたがスイッチで切れるのなら便利!

面倒なのは、この配線を後ろまで結線しないと行けません。

FUJIFILM X-T1 (15mm, f/3.5, 1/12 sec, ISO1600)

内装はがして何とか後ろまで配線しました。

FUJIFILM X-T1 (29.6mm, f/4.5, 1/12 sec, ISO3200)

ついでに倉庫に転がっていたリレーも付けて完璧です。

本日の楽しい車いじりは、終了。

若い頃は、パーツ買うと仕事が終わって深夜遅くまで取り付けていた50前のオッサンは、早く寝ないと

明日の仕事にひびきます。(*_*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です