Isuzu Trooper Snorkel kit1992-2000 ビッグホーンシュノーケル取り付け DIY

先週、ビッグホーンUBS26GWに輸出車Isuzu Trooper 用のシュノーケルを付けました。

付けてから乗っていなかったが本日、仕事に乗っていったので取り付け側の写真を撮りました。

NIKON Df (29mm, f/5, 1/125 sec, ISO1250)

ビル駐車場で何とか当たらない感じです。

当たればもう2cm位一番上のパーツ下げられます。

 

NIKON Df (82mm, f/5.3, 1/125 sec, ISO1250)

このエンブレムは、アルミなのですがなぜメーカー名出さない?

出したらコピー品で訴えられるとか有るんですかね~?

この中華製シュノーケル作りは、本家と同じくらいのクオリティーです。

NIKON Df (24mm, f/5, 1/125 sec, ISO1250)

20年近く乗っているビッグホーンですが久々に降りて振り返るようになりました。

心の中で...格好いい~~!(^O^)

とわかって貰えるのは、四駆乗りだけです。(笑)

 

このシュノーケル記事、実は、まだ続きが出来そうです。

実は、ヤフオク解体屋さんでUBS26GWパーツを売っていたのを発見しました。

と言う事は、ガソリン3.5L用のエアクリーナーボックスも有るのでは?

と問い合わせた所、有ったので購入する事にしたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




2 thoughts on “満足度大!Isuzu Trooper Snorkel kit ビッグホーンシュノーケル UBS26GW”

  1. パーツが入手できれば完成!
    この駐車場の天井、初めてだと、私は諦めます。決して高さが同じでないところがありますから。
    東京で天井のスプリンクラに接触で破壊してアクション映画のようになったニュウスがありました。

    1. プラドおじさん>
      バンパーに付けている無線アンテナが高さ制限です。
      この駐車場、BMWでは、バンパー下がする。
      ビッグホーンでは、ルーフレールがすります。(*_*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です