Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 133

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 135

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 136

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 137

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 138

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 142

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 133

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 135

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 136

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 137

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 138

Warning: Division by zero in /home/kaichijou/dorayaki.me/public_html/wp-content/plugins/hk-exif-tags/hk_exif_tags.php on line 142




 

 

FUJIFILM FinePix4700Z (9.4mm, f/2.8, 1/inf sec, ISO200)

私は、独身時代スタンドマンをしておりもちろん自分の四駆もタイヤ交換とかしておりました。最高に重かった上の写真、ミシュランXZL9.00R16は、ホイールと共に60kg以上有ったと思います。

このクラスのタイヤは、トラック並の締め付けトルクが必要でした。

私の経験上で極端に大きなタイヤ装着やロングハブボルト+ホイールスペーサー装着だと締め付けトルク高くしないと行けません。

実際、大径タイヤ装着でホイールが外れかけた経験や、ハブボルトを折ってしまった経験も若い頃しました。

私が働いていたスタンド(平成一桁の時代)は、お客さんのタイヤ交換でトルクレンチなんか使わないのが普通。

だから人間トルクレンチでこのハブボルトならこの位閉めれば良いとか感だったんです。

その逆にお客さんが足で踏んで閉めたと思われるホイールナットは、十字レンチに鉄パイプ入れないと外れない物がたくさん有った。

普通乗用車の場合は、思い切り閉めなくて良いんです。

 

最近では、ガソリンスタンドを始めチューニングショップでもトルクレンチを使用して増し締めが当たり前ですね。

私は、自分の車を自宅整備する時は、今でも腕トルクレンチですが50才を過ぎて腕力がかなり衰えている事に先日のタイヤ交換で気づきました。

四駆チームの同年代メンバーは、『安物だけどトルクレンチ使ってるで~。』とも言っている。

と言う訳でホイールナットを確実なトルクで締める事が出来るトルクレンチが欲しくなって来ました。

 

まず、トルクレンチを買う前にどの位の締め付けトルクが必要なのか調べました。

車種 締め付けトルク
トヨタ 103N・m
日産 98-118N・m
ホンダ 98-118N・m
マツダ 88-108N・m
ダイハツ 98-118N・m
スバル 78-98N・m
スズキ 70-100N・m
いすゞ 88-127N・m
いすゞ ビッグホーン 108-127N・m(11-13kg)
BMW 12mmラグボルト(130i) 130N・m
BMW 14mmラグボルト 140N・m

 

 

FUJIFILM X-T1 (15mm, f/4, 1/280 sec, ISO800)

私の所有しているいすゞビッグホーン(UBS26GW)は、11-13kgと書いてあるので108-127N・mとなり285/70R17と言う大径タイヤ装着しているので130-140N・m位で閉めれば良いかと思います。

 

次に所有しているBMW 130iは、12mmラグボルトと細いですが以外と国産車(ホイールナット)と比べて締め付けトルク高く、こちらも130N・mでした。

フロントのみ1cmスペーサー+ロングラグボルトなので少し高い目の締め付けトルクの方が安心です。

と言う事で100-150N・m位まで計れるトルクレンチが有ればOK!

 

では、トルクレンチを物色。

 

私の一番好きな工具メーカーSnap-onは、さすがに4諭吉するから今の財力では、パス。

 

 

 

国産で有名なKTCかTONEか?SK-11と言う手も有る。

 

 

国内メーカーですが激安E-Value(藤原産業株式会社)と言う手も有ります。

ちなみにSK-11も同じ会社。

コストパフォーマンスと信頼度を考えると無名中華製買うより絶対良いかと思う。

 

 

さらにヤフオクで中古トルクレンチを探してみた。

東日(TOHNICHI)と言う昔から有る有名トルクレンチメーカーのお買い得中古が多い。

まあ使い込まれているから校正出来ているか不明な物が多い。

たまたま見つけた中古東日トルクレンチがオークション終了間際だったのでポチッとしてみました。

 

NIKON D5 (60mm, f/9, 1/160 sec, ISO160)

東西(TOHNICHI) 1800QL3(ヤフオク中古購入 2000円)

詳しいスペックは、下記に有りました。

現行のQL200N販売ページに旧型式1800QLと記載されているので同等モデルだと思います。。

 

調べてみると40~200N・mまで使用可能なトルクレンチですので私には、ちょうど良いのです。

 

NIKON D5 (60mm, f/9, 1/160 sec, ISO160)

MADEIN JAPANの刻印が有ると言う事は、日本国内で作っている証

NIKON D5 (60mm, f/9, 1/125 sec, ISO160)

トルクは、お尻部分を回して簡単に調整出来ます。

実は、メモリがkgf・cmです。

1000kgf・m=98.07N・mとちょっと頭の体操が必要。

 

使い込まれているトルクレンチなので正確な数値なのかわかりませんが東日まで送れば校正して貰えるサービスも有るみたいです。

 

NIKON D5 (60mm, f/9, 1/125 sec, ISO160)

校正微調整は、こちらで行うみたいですが私の所は、校正機材なんて有りませんからそのまま使ってみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です