SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2.8, 1/250 sec, ISO400)

 

中華鍋 五徳受け台(はかま)が欲しい。業務用コンロ用 中華五徳 受け台を自作しました。DIY

NIKON D5 (60mm, f/5.6, 1/160 sec, ISO800)

昨日、鉄平板 (厚さ4.5mm・幅25mm)から業務用コンロ(マルゼン親子コンロM-212C)に合うように中華鍋受け台を作りました。

 

NIKON D5 (60mm, f/5.6, 1/400 sec, ISO800)

このままでは、赤錆びが付くので仕上げの処理をします。

使うのは、Super Blue(ガンブルー液)です。

Super Blueは、元々金属製の銃などでよく使われていますが鉄で塗装が無理な場所などでよく使います。

 

 

NIKON D5 (60mm, f/5.6, 1/200 sec, ISO800)

水で薄めてティッシュでSuper Blueを塗り乾かして水洗いし油を塗って終了です。

以前の記事にて何回か説明しましたが赤錆びは、鉄を腐食させますが黒錆びは、鉄を守るんです。黒錆びが付いていたら赤錆びも付きにくいというメリットが有り熱にも強いんです。

 

NIKON D5 (60mm, f/5.6, 1/25 sec, ISO1600)

業務用コンロ(マルゼン親子コンロ)の五徳に自作中華鍋受け台を取り付けました。

 

 

NIKON D5 (60mm, f/5.6, 1/50 sec, ISO1600)

中華鍋受け台を付けても少し取っ手が熱いかもと言う事で麻糸を取っ手に巻いております。

 

昼前になったのでまかない飯でも作りましょう~。

仕事しないで趣味の料理で遊ぶ私。

 

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/250 sec, ISO3200)

本日のメニュー八宝菜を作っています。

今、愛用している中華鍋は、神田 軽量鉄北京鍋 39cmです。

 

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/1.8, 1/160 sec, ISO1250)

かなり良い感じで手元も熱くない。

よく中華レンジはかまお手前に中華鍋のお尻を付けて高速で振っている動画見かけますがあんな風に触れないのが素人の証拠。

相変わらず中華鍋持ち上げて振る感じなのでかなりの練習が必要かと思います。

 

SONY DSC-RX100M3 (8.8mm, f/2.8, 1/80 sec, ISO200)

 

続いてチャーハン。←制作写真撮っていませんでした。

 

NIKON D5 (60mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO1600)

良い感じです。

 

NIKON D5 (60mm, f/5.6, 1/250 sec, ISO1600)

本日のメニューは、八宝菜とチャーハンを4人前。

10分ちょっとで出来ました。(仕込み時間入っていませんが。)

 

NIKON D5 (60mm, f/5.6, 1/30 sec, ISO1600)

中華鍋振りすぎて固定ボルトが外れています。

 

NIKON D5 (60mm, f/5.6, 1/20 sec, ISO1600)

そして外そうと思ったら中華鍋受け台が熱膨張して外れません。

固定ボルトいらんやん!

もちろん少し冷めたら外れます。

 

自作中華鍋受け台材料費

鉄平板 4.5mm厚 ×25mm×910mm 498円

ボルト、ナット 廃材なので無料

アーク溶接棒 2mm 1本 家に合ったから無料

Super Blue こちらも家に合ったから無料

 

誰も真似して作る方居ないと思うが参考にして頂けたらと思います。(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。